切らない痩身治療

脂肪溶解注射は切らない脂肪吸引と説明される

部分痩せができるとして人気のある脂肪溶解注射は、切らない脂肪吸引と説明されることもあり、脂肪吸引同様に脂肪細胞の数そのものを減らすことができるのが特徴です。
脂肪細胞そのものを減らしてしまうのでリバウンドしにくく、脂肪が気になる部分に集中的にうけることで、部分痩せをすることができます。
両者の違いを簡単に説明すると、脂肪溶解注射は一度に大量の脂肪をとるのではなく、少しずつ脂肪を減らしていくので、体への負担が少なくて済みます。
また、メスを使わないので体に傷が残ることもありません。
1回あたりの施術時間も短くて済み、入院をする必要もありません。
ただ、効果が実感できるまでには時間がかかり、何回も脂肪溶解注射を打たなければなりません。
効果の現れ方にも個人差があります。
それに対して脂肪吸引では、1度でとれる脂肪の量が多いものの体への負担が大きく、手術後から完治するまで長い期間がかかってしまいます。
また、手術を行う執刀医の経験によって結果が大きく左右されてしまいます。
それぞれにメリットとデメリットがあるので、事前によく調べておくといいでしょう。

ページトップへ