脂肪溶解注射のダウンタイムはどれくらい

体への負担が少ない脂肪溶解注射のダウンタイムは?

体への負担が少ない

脂肪溶解注射は一般的な脂肪吸引手術とは違い体への負担が少ないのがいいところです。 しかしダウンタイムはないのでしょうか。

脂肪溶解注射の場合は注射だけですので基本的には日常生活に戻るのに要する期間はありません。 脂肪溶解注射をした翌日に働くことも可能なのです。 脂肪吸引をした場合にはしばらくの間は安静にしておいた方がいいですので激しい運動や仕事は抑制されます。

ただ人によっては注射をした直後は腫れが生じることもあるのです。 また四日くらいまでは筋肉の痛みが生じることもありますが、それは軽いものであり日常生活に支障が出るものではありません。 ですのでダウンタイムのことについてはさほど気にすることはありません。 初めて脂肪溶解注射をする方で色々と気になるのでしたら大事をとって連休の時にするのも方法です。

脂肪吸引手術の管を入れるのと注射針を入れるのとでは大きな違いがあります。 管の跡はかなり長い間残ってしまいますが注射の跡はすぐになくなりますので脂肪溶解注射をしたことがばれることはまずありません。 そもそもダウンタイムが生じないというのがこの施術のメリットなのです。 仕事の忙しい方で思い通りの体を手に入れたいと思っている方には適しています。

ページトップへ