脂肪溶解注射と脂肪吸引の色々な違い

どちらも脂肪を取り除くものですが、違いがよく分からない人も多いでしょう。

脂肪溶解注射と脂肪吸引はどちらも脂肪を取り除くものですが、2つの違いがよく分からない人も多いでしょう。
メソセラピーとも呼ばれる脂肪溶解注射は化学的な療法で、脂肪溶解剤を脂肪の組織に入れて脂肪を溶かすものです。
1回で治療できる範囲に限りがありますから何回か行う必要がありますが、治療は痛みや体への負担が脂肪吸引に比べて少ない、安全性が高いものですし、またコルセットをして圧迫する必要もないです。
安全性は高いですが、その効果は脂肪吸引に比べると低めです。
一方で脂肪吸引は手術で、メスで切った部分に管を入れて脂肪を吸い出すものです。
吸い出した脂肪の分だけしっかりとやせますし、1回で確実にやせることができます。
たくさんの脂肪を取り除きたい人や高度の肥満の人にも対応できます。
ただ体への負担が脂肪溶解注射に比べると大きく、治療後2週間~4週間のダウンタイムがあります。
その効果は脂肪溶解注射に比べると高いです。

ページトップへ