炭水化物ダイエットによる栄養不足

脂肪の燃焼を促すダイエット方法

炭水化物ダイエットは、炭水化物の摂取量を抑え、足りないエネルギーを脂肪が補おうとすることで脂肪の燃焼を促すダイエット方法です。
しかし、炭水化物ダイエットは体のいたるところに栄養不足を引き起こすリスクがあります。

まず、脂肪だけを落とすことを目標としていても、筋肉まで落ちてしまいます。筋肉が減ると代謝も落ちるので、ダイエットには逆効果です。
また肝臓がエネルギーを生産していますが、長期に渡る炭水化物ダイエットは、肝臓を酷使することになります。 これは、過度のアルコールや薬物が肝臓に与える影響と同じ結果を招くことになります。そして、脳が栄養不足になることも問題です。

脳にとって糖は唯一のエネルギー源です。
タンパク質や脂肪では、脳のエネルギーにはなれません。炭水化物を抜くことで脳に糖が十分に供給されなくなると、頭がボーっとします。 日常のちょっとした判断も狂ってしまいます。集中力に欠け、事故の原因になります。

ページトップへ